カプセル入りの乳酸菌を摂取する時には噛まないように注意

カプセル入りの乳酸菌を摂取する時には噛まないように注意

カプセル入りの乳酸菌を摂取する時には噛まないように注意

乳酸菌を用いた商品の1つに、ビフィーナがあります。その商品は、とてもよく売れているようですね。ランキングでも常に上位になっていますし、売上高がナンバー1だと公式でもアピールされています。乳酸菌の商品の中では、非常に有名なものの1つですね。
ところでその商品には、飲む時にちょっとしたコツがあるのです。その商品はカプセルに入っているのですが、噛まない方が良いでしょう。噛んでしまいますと、お腹の中に届かなくなる可能性があるからです。

 

カプセルに包まれているので噛まないようにする

 

そもそもビフィーナはどのような造りになっているかと申しますと、二重のカプセルに包まれているのですね。そして、そのカプセルのおかげでお腹の中に届きやすくなっているのです。
乳酸菌がお腹の中に届くまでには、1つ難関があります。胃袋の中の酸なのですね。その中にはかなり強力な酸が含まれていて、乳酸菌を溶かしてしまう性質を持っているのです。胃酸で溶かされてしまいますと、大腸や小腸などに届かなくなってしまいます。それではせっかくの乳酸菌の効果が半減してしまう訳ですね。

 

ところがビフィーナの場合は、それが二重のカプセルで包まれています。胃の中の酸に耐えられる性質を持っているカプセルで包まれているのですが、それでカプセルの中に入っている乳酸菌がガードされる訳ですね。そして胃袋の中を通過できるので、お腹の中の環境を整えやすくなる訳です。最終的には小腸内においてカプセルが溶けるようになっています。それでカプセルの中にある乳酸菌が小腸の中に働き掛けて、便秘などが改善されるという仕組みなのです。なかなかよくできていると思いますね。

 

ですのでビフィーナを服用する際には、そのカプセルを壊さないようにするのが大切なのです。ですので前述で申し上げた事が成り立つ訳ですね。もしもビフィーナのカプセルを噛んでしまいますと、それが破損してしまいます。必然的に胃袋の中の酸で溶かされてしまう確率が高まってしまうので、小腸や大腸などにも届きづらくなってしまい、お腹の中に効果を発揮しづらくなると考えられるのですね。
ちなみにうっかり噛んでしまっても、効果がゼロになってしまう訳ではありません。それでもお腹の中に対して効果を発揮してくれるのですが、ちょっと半減するとは考えられるでしょう。基本的にビフィーナを服用する際には、丸のみをするスタイルがおすすめです。ですので水などを用いて、一気に飲み込むようにすると良いでしょう。

 

>>季節性アレルギー性鼻炎 乳酸菌


ホーム RSS購読 サイトマップ